2016年度 集中講義情報



授業番号: 首都大理工  M:R201、D:R202

題目: 素粒子論的宇宙論

講 師:  川崎雅裕氏 (東大宇宙線研・教授)

時刻&教室
11月22日(火) 2限、3限、4限、5限 @8号館309室
12月 6日(火) 2限、3限、4限、5限 @8号館309室

講義要旨:
 素粒子論的宇宙論は、素粒子理論を用いて宇宙初期に起こった現象と
それが現在の宇宙に及ぼす効果を研究する学問です。これによって、
宇宙の構造の元となった密度揺らぎの起源や物質と反物質の非対称性の
起源などの説明や素粒子理論で予言される新たな粒子や場について宇宙論から
厳しい制限をつけることができます。
 本講義では標準ビッグバン宇宙論の概要を説明し、それが抱える問題点と
それを解決するために登場したインフレーション宇宙モデルついて解説します。
特に、インフレーション宇宙モデルの枠組みで宇宙の密度揺らぎがどのように作られるか
について詳しく解説します。また最近直接観測され注目を集めている
重力波に関連してインフレーション中に生成される重力波モードについても説明したいと思います。
さらに、物質と反物質の非対称性を説明するバリオン数生成理論とそれに関連した物理について
解説する予定です。


履修申請は窓口にて1週間前までに行うこと。
連絡先:安田(8-584室)


授業番号: 首都大理工  M:R219、D:R220

題目: Neutrino oscillation physics at long-baseline experiments

講 師:  Manojit Ghosh氏 (首都大・特任助教)

時刻&教室
11月 4日(金) 4限、5限 @8号館307室
11月11日(金) 4限、5限 @8号館309室
11月18日(金) 4限、5限 @8号館307室
11月 25日(金) 4限、5限 @8号館307室

講義要旨:
I will give a series of lectures on neutrino oscillation physics at
long-baseline experiments. The lectures will be given in English.
Each lecture will include tutorials consisting of both numerical and
analytical problem solving. As the lectures will be based on the
ongoing developments of the current research, it will be great if the
students bring their laptop computers. It will also be helpful for
numerical problem solving. The contents of each lecture are given
below.

• Lecture 1:
(a) Neutrinos and their properties
(b) Neutrino oscillation
vacuum oscillations and matter effects
(c) Derivation of Neutrino oscillation probability
two flavor vacuum, two flavor matter, 3 flavor one mass scale
dominance approximation, 3 flavor small θ 13 approximation
(d) Neutrino oscillation experiments/long-baseline experiments
production and detection mechanisms, signal and backgrounds, charge
current and neutral current events
(e) Current status of neutrino oscillation parameters
• Lecture 2:
(a) Parameter degeneracy in neutrino oscillation experiments
hierarchy-δ CP degeneracy, octant-δ CP degeneracy, generalized
hierarchy octant-δ CP degeneracy
b) Tutorials of lecture 1
intermediate steps of derivations, plotting probability formulas and
understanding oscillatory behaviors
• Lecture 3:
(a) The method of χ^2 analysis for studying neutrino oscillation physics
flux, cross section, energy resolution, efficiency, calculating
events, marginalization, priors, systematic errors, Gaussian and
Poisson distributions
(b) Tutorials of lecture 2
understanding degeneracy by numerical analysis
• Lecture 4:
(a) Neutrino oscillation beyond standard three flavor scenario
non standard interactions and sterile neutrinos
(b) Tutorials of lecture 3
estimating sensitivity of the experiments by χ 2 analysis

Reference: M. Ghosh, “Present Aspects and Future Prospects of Neutrino
Mass and Oscillation,” arXiv:1603.04514 [hep-ph].


履修申請は、10月26日(金)までに理工学系教務係窓口へ。
尚、計算機環境等についての連絡が必要なので、履修希望者は
事前に安田までメールで連絡して下さい。
連絡先:安田(yasuda at phys.se.tmu.ac.jp)

*首都大への交通はhttp://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.htmlの南大沢キャンパスを御覧下さい。
*駅から理工学研究科・理工学系方面までは高エネ理論のサイトに詳しいです。
*8号館の位置はhttp://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/map.html#map_minamiosawaの南大沢キャンパス(22)です。

2013年度の集中講義